未分類

兵庫では最後の出会いについて書きました

私は最後の日記(「大人の愛」)で「愛」について書きました。
「兵庫」として愛を教えるとき、「うるわし」とは、心を乱さない言葉、または巧みな言葉であるにもかかわらず、相手の心を喜ばせる言葉です。

坂上大友(兵庫)は、たとえ嘘であっても、私を喜ばせる言葉を使って、愛を長続きさせたいと思っています。

兵庫 出会い

(「愛」を「うつし」として学習する場合、それはあなたの愛する愛の言葉になります。)

「兵庫」と「愛情」は「愛」になります。
愛を長続きさせるには、「ラウドネス」という言葉を使用することが重要です。愛が失われたとしても、思いやりとして話し続けることが重要です。
言い換えれば、結婚生活を長持ちさせるために、嘘をつくことは問題ありませんし、相手は幸せを言い続けなければなりませんが、それは本当です(笑)。
そうすることで、気が変わるということですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です