未分類

突然水曜日に兵庫の出会いを楽しむ

冬が四季の終わりに近づいているような気がします。

週末から続いていた大雪は水曜日でも衰えませんでした

見上げた空はいつも灰色で、まるで一年を過ごしたかのように雪が止まることはありませんでした。

兵庫で出会い体験 〜13の方法で運命の人と出会おう

寒さに逃げた夕暮れの書店は、平日だったせいか、比較的空いていた。

いつものように、文庫本コーナーの新刊から表紙を注意深く見ていました。兵庫の出会い

書店には、文房具と本のコーナーがシンプルな仕切りで仕切られた比較的大きな書店があり、それぞれにいくつかのレジがありました。

新しく出版された文庫本コーナーは仕切りの役割を果たし、文房具コーナーのレジにぶつかった店員は背を向けて客にサービスを提供するため、列に並んでいる人と会って文房具を買うこともあります。

あなたはその列にいました

正確には、あなたが私を見つけたような気がしました

少し垂れ下がった目と、ビー玉のように見える目でまっすぐ見つめていました。兵庫の出会い

しかし、その後、視線は私ではなく、私の後ろにある映画製の文庫本のコーナーであることが判明しました。

うさぎは角質です、私たちはそのような誤解から始めました

朝は風が吹いて外で過ごすのも楽でした…

兵庫の出会い突然太陽が輝いた後…暑かった_(._。)_

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です