未分類

兵庫での変化を出会いで確認したようです

担当
兵庫の説明は、それが間質性肺炎であり、左肺が白くて危険であるということです…
抗炎症薬の静脈内投与を10日間続けた
この間、X線撮影と採血を数回行って状態の変化を確認したようです。
先生は外来診療が始まる前に毎朝病室に来て、聴診器で胸の音を聞いていました。
そして点滴から同じ効果の薬に変わりました

トイレに行くには、鼻にチューブを付けて、携帯用酸素ボンベが入ったカートを引っ張ります。

薬の副作用もありました

毎食後の異常な発汗、立ちくらみ、筋力低下など

そんな状態でも回復に向かっているのでしょうか。リハビリを開始する
病棟の廊下を歩いた後、リハビリ室での胸部マッサージと負荷のかかった自転車マシンを使って汗を流しました。

これらの兵庫を繰り返しながら、ようやく退院することができました

入院してから約1ヶ月が経ちましたが、こんなに長い間入院したのは初めてです。

兵庫の面倒を見てくれた先生、看護師、看護助手、薬剤師
本当にありがとうございます
私は昨夜映画に行きました。
15歳以上でしか観れない映画。

窮鼠のチーズの夢

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です